脱毛はどのくらい痛い?効果と痛みの関係は?

 

脱毛と痛みの関係について解説します。

ネットでは「脱毛は痛い」という口コミを見かけることがよくありますが、実際にどれくらい痛いのか気になる方も多いのではないでしょうか?

実際に来店されるお客様からもよくご質問されるのは、「脱毛の痛み」についてです。

この記事では、脱毛が痛い理由や脱毛方法ごとの痛みの違いについて解説します。

 

そもそもなぜ痛みを感じるの?

毛根(毛の見えない部分)の中には、
毛を作り出す「毛母細胞」
毛母細胞に栄養分を送る「毛乳頭」
が存在しています。

 

この毛乳頭と毛母細胞にダメージを与えることで根本から再生能力を無くすのが「脱毛」です。

このようにダメージを与える際に、「痛み」を感じているのです。
また、この痛みは脱毛方法によっても差がありますので、そちらについても解説していきます。

脱毛と痛みの関係
  • ・毛の根本にダメージを与えるのが「脱毛」
  • ・毛の根本にダメージを与える際に、「痛み」を感じる。
  • ・脱毛方法によって痛みの大きさが異なる

 

痛みがないと効果がない?

脱毛の効果と痛みには相関関係があります。

「全く痛くない」ということを謳っている脱毛は、効果も薄いという意味と非常に近いです。

そのため、ご自身が耐えられる範囲でできるだけ高いパワーでの脱毛を行うのが最も効率的です。

安全に留意しての照射を

しかし、必ずしも「痛ければいい」というわけではないので、くれぐれも安全に気をつけて脱毛をしましょう。
例えば、剃り残しがある状態で打ってしまったり、皮膚の薄いところや肌の色が濃いところは痛みを感じやすいです。

また、個人差やその時のコンディションによっても痛みの感じやすさが異なります。

「濃いヒゲ(特に鼻の下)、VIO、ワキ、眉上、ひざ下、ひじ下」などは痛みを特に感じやすいと言われています。

 

医療脱毛は効果が高い代わりに痛みが強い

脱毛方法によっても痛みの感じやすさが異なります。

医療脱毛は最も痛みが非常に強い脱毛方法です。

高出力の医療レーザーを用いるため、皮膚へのダメージも大きく、痛みを感じやすいです。

 

(医療レーザーを照射して脱毛を行う)

「輪ゴムをパチンと弾いたような強烈な痛み」
「成人男性でもぽろっと涙が出てしまうような痛み」
と言うような痛みと言われています。
そのため、麻酔を打って施術をすることも多いです。

エステ脱毛は痛みが弱い代わりに効果が弱い

脱毛

エステ脱毛は、医療脱毛に比べて非常に痛みが弱い脱毛方法です。

エステ脱毛では弱いフラッシュ脱毛の使用しか認められていないため、痛みも弱いです。

(弱いフラッシュを当てて脱毛を行う)

痛みは、「ほんのり暖かさを感じる程度」と言われます。
一回の効果が弱くても痛みの弱さを重視したい人はエステサロンがオススメです。

痛みの違い
  • ・医療脱毛は高出力のレーザーを照射するため痛みも強い
  • ・エステ脱毛は弱いフラッシュを照射するため痛みも弱い

 

セルフ脱毛なら痛みと効果をセルフで調整可能!だから最も効率的

セルフ脱毛

上記で説明した通り、ご自身が耐えられる範囲でできるだけ高いパワーでの脱毛を行うのが最も効率的です。
セルフ脱毛では、医療脱毛やエステ脱毛と違い、自分が耐えられる痛みの範囲で出力を上げることが出来るため、最も効率的に脱毛を進めることができます。

メンズセルフではパワーを自分で調整可能!

メンズセルフはパワーを5段階で選択できるので、自分にあったパワーで脱毛をすることができます。

最初は痛みの少ないレベル2から照射していただき、最大でレベル5まで上げることができます。

痛みに強い人や、髭が薄くなってきて痛みが弱くなってきた際にはレベルを上げていくなど、自分の痛みに応じて出力レベルを調整できます。

そのため、最も効率的に脱毛をすることが可能です。

医療脱毛 エステ脱毛 セルフ脱毛
痛み 大きい 小さい 自分で調整可能
効果 大きい 小さい 自分で調整可能
必要回数 少ない 多い 少ない

「とにかく安く脱毛を終わらせたい!ツルツル肌を手に入れたい!」

というあなたはぜひMEN’S SELFの体験を受けてみてくださいね。

 

関連記事