けつ毛処理の5つの方法を紹介!お尻をきれいにしたいなら〇〇がおすすめ!

みなさんは、肛門付近の毛である「けつ毛」の処理を考えたことはあるでしょうか。

実はけつ毛を放置しておくと、不衛生なだけでなく嫌なニオイまで発してしまう原因にもなりかねません。

今回の記事ではけつ毛の処理方法を5つご紹介するとともに、なぜけつ毛の処理を行うのかについてもご紹介していきます!

今までけつ毛にまったく関心のなかった方も、この機会にぜひ意識してみてほしいと思います。

けつ毛を処理すべき理由

ムダ毛のなかでも処理をついつい忘れがちになってしまうのが「けつ毛」です。

他の人から見られることはめったにないですし、いつも洋服で隠れているので自分でも確認しづらい部分でもありますよね。

ですが、けつ毛こそ処理しなくてはならない場所なのです。

それはなぜかというと、けつ毛の処理を怠ると不衛生な状態になってしまうから。

けつ毛を生やしたままのだと、汗をかいたときに蒸れてしまい嫌なニオイを発する原因にもなります。

また、けつ毛があることによりトイレの始末の際、便やトイレットペーパーがけつ毛に付着し、不衛生な状態になってしまうことも…。

そのため、けつ毛は処理したほうがいいとされているのです。

けつ毛の処理の方法

ここからは、具体的なけつ毛の処理方法について解説していきたいと思います。

それぞれの道具を使った際のメリットやデメリットも記載していくので、ぜひ参考にしてみてください。

カミソリ

<メリット>・手軽に安価で行える

・誰でも簡単に処理できる

・鏡付きのカミソリも売ってる

<デメリット>

・校門周りの薄い髭を傷つけやすい

・きちんとけつ毛の処理ができたか自分で確認しづらい

・深ぞりできないのでチクチクする可能性がある

メリットとしては、カミソリならすぐに手に入りますし、今では鏡付きのものも多く販売されているので自分で確認しながら剃ることができる点です。

また、カミソリはすぐに手に入るのでその手軽さも便利な点ですね。

しかし、肛門付近の皮膚はとても薄く傷つきやすいので、自分でけつ毛の処理をしようとすると皮膚自体を切ってしまう恐れもあります。

気を付けながら行うようにしましょう。

ハサミ

<メリット>・適度長さに整えることが可能

・手軽に手に入れることができる

<デメリット>

・毛の先がチクチクする

・ハサミだけでは深剃りできない

長くなってしまったけつ毛を適度な長さに切ることは化膿ですが、ハサミだけでけつ毛の処理を行うのは難しいのが現状です。

手軽に手に入れることができますけつ毛を剃る前に切る方法としては使える方法のひとつでもあります。

ハサミだけでけつ毛を処理する場合、自分ではよく確認できませんし深剃りができないため、チクチクとした感じが残ってしまうのがデメリットです。

ブラジリアンワックス

<メリット>・処理したいところに塗布すてはがすだけという簡単さ

・安価で購入できる

<デメリット>

・扱い方が難しい

・痛みを伴う

・皮膚に炎症が起こる可能性がある

メリットとしては、けつ毛に塗ってはがすだけという処理の簡単さがあります。

ブラジリアンワックスはそんなに高価なものでもないため、お財布にも優しく、人目を気にせず家で簡単にけつ毛を処理することができるのも魅力的です。

しかし、肌に合わなかった場合、皮膚に炎症を起こしてしまう場合もありますので注意が必要になってきます。

難点としては、ブラジリアンワックスははがすときに痛みを伴う点です。

手軽にできる半面、痛みがあるということも覚えておいてください。

家庭用脱毛器

<メリット>・家庭で手軽にできる

・レーザーや光を当てて毛根から脱毛することができる

<デメリット>

・粘膜に光やレーザーを当ててはいけないので、けつ気処理には向かない

・専門的な知識なしで使用するのは危険

家庭用脱毛器は、基本的には肛門周辺の皮膚には使わないほうがいいです。

なぜなら、肛門付近の皮膚は粘膜が近くに存在しており、光やレーザーが粘膜にあたってしまう恐れがあるから。

粘膜と皮膚の境目は専門的な知識を持った人でないとわからないものです。

ですので、一般の方は家庭用脱毛器をけつ毛処理に使わないほうがベストといえます。

サロンでの脱毛

<メリット>・処理したいところに塗布すてはがすだけという簡単さ

・安価で購入できる

<デメリット>

・扱い方が難しい

・痛みを伴う

・皮膚に炎症が起こる可能性がある


サロンで脱毛しようとすると費用が高額だったり、痛みもともないます。

しかしサロンで脱毛すれば、光や針を用いて発毛組織にアプローチし根本的に毛の成長を抑制してくれます。

ブラジリアンワックスやカミソリでけつ毛を処理しても、それは表面の毛を切ったり抜いたりしているだけにすぎません。

完全にキレイな脱毛ができ、安全な脱毛ができるのはサロンが1番ですが費用などの観点から考えると少し敷居が高いのも事実です。

【裏技】1,000円でけつ毛をツルツルにする脱毛体験

たったの1,000円でけつ毛を1ヶ月間ツルツルにするなら、Men’s Selfの脱毛体験がおすすめ。

Men’s Selfの特徴
  • 3億円で開発した男性の体毛にに特化した脱毛機を使用
  • 1回の施術で体毛が薄くなった方が多くいる
  • 照射レベルが通常のサロンよりも強い
  • セルフ脱毛業界ナンバーワン

\【先着30名】脱毛体験で脇毛をツルツルに!/
脱毛の体験申し込みはこちら

けつ毛 まとめ

けつ毛を処理すべき理由やけつ毛の処理の仕方をメリット・デメリットを交えてご紹介してきました。

けつ毛は放置しておくと不衛生ですし、ぜひ処理してほしい無駄毛のひとつでもあります。

サロンで脱毛するのが1番安全ですが、セルフで行っても問題はありません。

セルフでけつ毛の処理をする場合は注意するべき点がいくつかあるので、記事のデメリット欄を参考にしながら行ってみてくださいね。

ただ、肛門付近はデリケートな場所なので、プロに任せた方が安心ではあるでしょう。

この機会に、不衛生なけつ毛とサヨナラしてみませんか?